横浜グラウトで液状化対策の工事を任せる

液状化は地震が発生した時の揺れによって、地盤が液体のようになってしまう現象です。

この現象が起こってしまうと、上部に建物などがあればそれらが支えられなくなり、傾いたり転倒したりと様々な被害が発生しやすくなります。

液状化が起こりやすいのは川沿いや地盤の緩い場所などで、日本は地震大国とも言われる位に地震で揺れやすい国ですから、こうした土地に建物がある場合はしっかりと対策を取っておいた方が良いです。

  液状化対策としてはいくつかの会社で施工が行われていますが、その中の一つである横浜グラウトではハイブリッド工法と呼ばれる方法を用いて工事をしています。

この施工では工事の後、10年経っても地盤が強化された状態を保て、建物自体にも余計な偏圧が掛からないなど多数のメリットがあります。

気になる方は、一度横浜グラウトへ問い合わせてみるのがお勧めです。