打診音が発生しない調査方法があります

日本各地で巨大地震が頻繁に発生している中、次は関東地方にも巨大地震が来るのではないかとヒヤヒヤしている人も多いでしょう。

巨大地震が来た場合に、心配なのは建物が倒壊してしまわないかということです。

一度、調べておくのが得策です。

特にオフィスビルのような大きな建物では、外壁や内部鉄骨の状態を調べるのに、大掛かりな足場を組まなければならないのではないかと心配する人もいるかもしれません。

足場を組むとなると大きなコストが発生するからです。

しかし、一般社団法人日本耐震診断協会では、赤外線調査という手法を採用します。

この場合は、足場を組むこともなく、作業するためのゴンドラの設置も必要ないため、検査のためのコストもリーズナブルに抑えることができるのです。

また、建物を叩いたりしないので、お仕事中にうるさい思いをすることもなく、快適に検査が終了するのです。

実際に巨大地震が来る前に、一度検査をお願いしてみてはいかがでしょうか。