かごマット工法で越水対策ができます

梅雨時期には大量の雨が降りますので、想定外の圧力が河川堤防にかかり、堤防を越えるような水害が生じる可能性があります。

そのような水害に対する越水対策として、堤防全体を被覆する方法やスーパー堤防と呼ばれる高規格型の堤防を設置することが考えられます。

共和ハーモテックのかご工法を活用した堤防の強化も有効な手段であり、堤防ののり面の法尻に強度の強いかごマットを設置することにより、越水に備えることができます。

万が一、越水した場合でも、かごマットであれば粘り強い堤防構造にすることができますので、簡単に洗掘されることがありません。

土留めだけでは期待できない強度が望めます。

越流水は大きな力が発生しますが、かご構造によって高い耐久力があります。